Browse Month by 7月 2017
未分類

全切開による美容整形

全切開は、目の上の皮膚を切って縫合するため、くっきりとした二重にすることができる美容整形です。まぶたの脂肪が多い人も、手術の際に余分な脂肪を取り除くため、すっきりとした目元の印象に変わります。腫れぼったい印象の一重の人や、まぶたの脂肪が多い人は、全切開がおすすめです。
全切開はくっきりとして幅広の二重を目指せる代わりに、皮膚を二重のラインに沿って大きく切開するため、ダウンタイムが長くなります。赤みや腫れのピークは1週間程度ですが、赤みや腫れが目立たなくなるまで数ヶ月かかる場合もあります。

しかし、全切開法の最も大きなメリットは。完全に二重のラインに沿って切開してから縫合するので、一度施術をしたら一生その二重のラインを維持できるという事です。埋没法など、手軽な方法では糸が切れたりして二重が元に戻ってしまう場合がありますが、全切開ならその心配はありません。

全切開の費用は、30万円程度が目安ですが、脂肪の量によっては脂肪吸引が必要になるため、その費用が数万円上乗せされます。費用はそれなりにかかりますが、ぱっちりとした二重を目指したいという方にとっては全切開の二重の美容整形はおすすめです。

ちなみに経験談ですが、私が全切開法で二重にした札幌にある美容整形クリニックでは28万4千円(税抜き)でした。ただ、永久保証なので何かあった時は料金が上乗せされないので安心です。アイプチやアイテープの煩わしさから開放された上に理想の二重を手に入れられたので、料金は少々高額ですが良い買い物をしたと思っています。


未分類

部分切開による美容整形

埋没法は、糸が途中で切れてしまったり、まぶたが薄かったりする人しかできません。まぶたが厚くて埋没法が利用できない人は、まぶたを切開する、部分切開法という美容整形があります。部分切開法は、まぶたの表面に1cm~2cm程度メスを入れ、まぶたの分厚い部分や、埋没法で糸が切れてしまう原因の部分を切開して縫い合わせながら二重まぶたを作ります。部分切開法の費用の相場は25万円ほどです。

まぶたを切開して縫い合わせるため、抜歯の必要があります。抜歯は一週間後をめどに行います。切開するといっても、ほんのわずかな部分を切るだけなので、比較的ダウンタイムは短く、施術時間もさほどかかりません。学校や職場などの都合でダウンタイムが取れない人は、片眼ずつ施術して眼帯などで隠すことで、限りなく違和感なく美容整形することができます。

部分切開法は、内部処理が重要なポイントです。二重のラインが外れないようにするための処理ですが、この内部処理を行う病院とそうでない病院があります。内部処理では中縫いという処理を行いますが、吸収糸を利用するため本来ならば特に問題はありません。しかし、吸収糸が吸収される過程でまぶたにしこりが残ってしまう場合もあり、綺麗に仕上げるための内部処理ですが、リスクがあることも考慮して治療を受ける必要があります。