未分類

全切開による美容整形

全切開は、目の上の皮膚を切って縫合するため、くっきりとした二重にすることができる美容整形です。まぶたの脂肪が多い人も、手術の際に余分な脂肪を取り除くため、すっきりとした目元の印象に変わります。腫れぼったい印象の一重の人や、まぶたの脂肪が多い人は、全切開がおすすめです。
全切開はくっきりとして幅広の二重を目指せる代わりに、皮膚を二重のラインに沿って大きく切開するため、ダウンタイムが長くなります。赤みや腫れのピークは1週間程度ですが、赤みや腫れが目立たなくなるまで数ヶ月かかる場合もあります。

しかし、全切開法の最も大きなメリットは。完全に二重のラインに沿って切開してから縫合するので、一度施術をしたら一生その二重のラインを維持できるという事です。埋没法など、手軽な方法では糸が切れたりして二重が元に戻ってしまう場合がありますが、全切開ならその心配はありません。

全切開の費用は、部分切開とほぼ変わらず、25万円程度が目安ですが、脂肪の量によっては脂肪吸引が必要になるため、その費用が数万円上乗せされます。費用はそれなりにかかりますが、ぱっちりとした二重を目指したいという方にとっては全切開の二重の美容整形はおすすめです。


未分類

部分切開による美容整形

埋没法は、糸が途中で切れてしまったり、まぶたが薄かったりする人しかできません。まぶたが厚くて埋没法が利用できない人は、まぶたを切開する、部分切開法という美容整形があります。部分切開法は、まぶたの表面に1cm~2cm程度メスを入れ、まぶたの分厚い部分や、埋没法で糸が切れてしまう原因の部分を切開して縫い合わせながら二重まぶたを作ります。部分切開法の費用の相場は25万円ほどです。

まぶたを切開して縫い合わせるため、抜歯の必要があります。抜歯は一週間後をめどに行います。切開するといっても、ほんのわずかな部分を切るだけなので、比較的ダウンタイムは短く、施術時間もさほどかかりません。学校や職場などの都合でダウンタイムが取れない人は、片眼ずつ施術して眼帯などで隠すことで、限りなく違和感なく美容整形することができます。

部分切開法は、内部処理が重要なポイントです。二重のラインが外れないようにするための処理ですが、この内部処理を行う病院とそうでない病院があります。内部処理では中縫いという処理を行いますが、吸収糸を利用するため本来ならば特に問題はありません。しかし、吸収糸が吸収される過程でまぶたにしこりが残ってしまう場合もあり、綺麗に仕上げるための内部処理ですが、リスクがあることも考慮して治療を受ける必要があります。

 


未分類

埋没法による美容整形

まぶたを二重にする美容整形には、埋没法と切開法がありますが、埋没法は手軽にできる美容整形として人気です。埋没法は、特殊な糸でまぶたの裏側から二重を作りたいラインに沿って糸で止めるだけの簡単な方法です。施術時間も10分程度で済んでしまうので、二重の美容整形の中では最も手軽な方法です。

美容整形手術には、ダウンタイムと呼ばれる、術後の腫れなどが治まるための期間がつきものですが、埋没法だと腫れも少なく、ダウンタイムが短いというメリットがあります。手術当日からシャワーや洗顔もできるので、すぐに日常生活に戻ることができます。長い人でも、三日程度のダウンタイムで済むので、連休中に手術が終わり、違和感を無くすことができます。しかも、埋没法は糸で止めてあるだけなので、糸を切れば元に戻せます。万が一美容整形後のまぶたが気に入らなくても、元の形に戻せるというのは安心です。

埋没法は、手術費用が安いというのも人気です。基本的には10万円以下で受けることができますが、埋没法の手術は年々価格が値下がり傾向にあります。大手の美容整形外科でも、キャンペーン価格の1万円程度で受けられるところもあります。安ければいいというわけではありませんので、自分で信頼できるクリニックを探すのが大切です。


未分類

二重の美容整形とは

目元は、顔の印象を最も大きく左右する場所です。自分の目がぱっちりした二重だったらどんなにいいかと願っている方はとても多いです。目元の印象というのはそれだけ重要で、二重にする美容整形手術は非常に人気です。理想の目元を手に入れるための美容整形手術とはどんなものなのか、二重にするための手段やリスクについて説明します。

二重の美容整形は料金も手ごろで、最も簡単で手軽な方法であれば、1万円以下で受けられるところもあります。美容整形をする事に抵抗があるという方もいますが、コンプレックスをずっと抱えて暗い気持ちでいるよりも、美容整形によって憧れの二重を手に入れて、気持ちが明るくなると考えたら、メリットは大きいです。二重の美容整形手術は非常に一般的になってきており、成功率も比較的高い手術です。

二重の美容整形には、主に埋没法と切開法という種類があり、目の形やまぶたの厚みなどによって、最も美しく二重を作り出す手段で施術を行います。もちろん、美容整形のプロがしっかり似合う二重の幅や形のアドバイスをしてくれるので、コンプレックスである腫れぼったいまぶたも解決することができます。

しかし、美容整形は完全とは言えません。限りなく低いですが、失敗するリスクは避けられません。特に、美容整形の場合、イメージと違ったというトラブルは後を絶ちません。自分が納得いく施術を受けられるように、二重の美容整形についての知識を事前にしっかり身に付けておきましょう。